中学生頃からの違和感

僕は夏が嫌いです。なぜなら半ズボンを履いて足の毛を晒さないといけないからです。

僕は足以外の毛はそんなに濃くないので足毛を見られるとえー!とびっくりされます。なので出来るだけ下にレギンスを履いたりパンツを履いて夏でも暑い想いをしています。

女の子と海に行った時のお話です。海パンを履いて海を泳いでいたのですが、水に濡れると毛が足の表面にくっつくので女の子から足に海藻付いているよといじられました。毛深いと嫌な事ばかりです。お風呂は特に最悪です。
もう隠しようがないんです。お風呂に行くと毛深いなーと周りの友達から言われますし、お尻の方までずっと連なっているのでお尻を見せないように歩かないといけないです。

下の処理については僕はバリカンを用いて行なっております。なぜバリカンかと言うと専用のカットのハサミがあるのですがそれを使用すると時間がかかってしまいます。

なのでバリカンの6ミリくらいで、一気に刈り上げてしまいます。意外と綺麗になりますし、刈り上げてしばらくはなぜか自信さえ出てきます。

しかしこれにもデメリットがあり、脱毛と違い毛が少し残っているのでチクチクして痒くなってしまうのです。正直ズボンを履いたら気になって仕方がありません。

では脱毛すればと思うかも知れませんがそこまでする勇気はないんです。自然でナチュラルに決めたい訳ですから周りから毛をカットしたことも悟られたくありません。

毛をカットして、女の子と戯れていると、女の子も何か違和感を感じて、何かチクチクするなと感づいてしまいます。

なので少し毛が伸びてから行う事にしています。他には電気を暗くして何も見えなくする手段も使ったりしています。

最近では足の毛に栄養が行き過ぎて髪の毛が薄くなっているのではないかと感じています。

周りの目を気にしてばかりですが人は見た目が100%。心を磨く前に外見を磨けとはその通りだと思います。その一歩として、まずは脱毛です。

僕も勇気を出して脱毛にチャレンジしてみます。男だけでなく女性も毛が濃くて悩んでいる方々がいらっしゃると思うので少しでも励みになればと思います。

男性で安いメンズ脱毛を探しているのなら、このサイトが良いですよ。

※参考サイト⇒メンズ(男性)脱毛が安いのは?クリニック・サロンを比較してみた

最近家庭用脱毛器を買ってみたんです

注目

京都在住の大学生のリサです☆出身は愛知県なんですが、かれこれ京都に住んで10年。立派な京都女だと思ってます。
京都女子大学で社会学的なのを学んでたんですが、あんまり興味なくて…あそんでばかりでしたね。バイトは四条のOPAで販売員やってました。そっちの方が楽しかったですね。
親が遊びに来たときは、伏見稲荷大社・清水寺・嵐山・平安神宮・二条城…いろんなところを案内しましたよ。

今は伏見の方に住んでます。京都の夏は強烈ですから、5月くらいになるとすでに真夏…(-_-;)それと共に夏に向けてムダ毛との戦いが始まった・・・いや、冬にムダ毛処理を全くしてないって意味じゃありませんよ!

最近家庭用脱毛器を買ってみたんです♪一年を通して綺麗な素肌を維持するためにも、素肌に生えているムダ毛を処理する方法として自宅で使用できる家庭用脱毛器を利用している女性は少なくありません。

家庭用脱毛器も様々なメーカーから製品が販売されるようになってきており、昔から日本で販売されていた”ムダ毛を掴んで引き抜いていくシンプルな脱毛ケアが行える”製品から、”エステサロンや脱毛サロンで実際に採用されているフラッシュ脱毛機能を搭載している”最新鋭の家庭用脱毛器まで種類も豊富。

自分の肌質に合わせて適切なお手入れを行える製品を選ぶことが出来るようになっています。ただ、どの脱毛方法であっても、ムダ毛が長い状態で処理を行おうとすると、長い毛が家庭用脱毛器に絡まってしまい故障の原因になってしまう恐れがありますので、予め短くカットしておくことが大切になります。

お手入れ方法として市販されているヒートカッターなどを利用してデリケートゾーンの長いムダ毛などをカットしたり、ハサミなどを利用して短く整えるお手入れを事前に行う手間がかかるので、お手入れをもっと簡単に済ませたいと考えている方も少なくないのです。

そんな方におすすめなのが、除毛機能が搭載している家庭用脱毛器を利用する方法です。シェーバーと脱毛がカートリッジで付け替えることでお手入れを切り替えることが出来る家庭用脱毛器を利用することで、脱毛を行う前に除毛部分で短くムダ毛をカットしてから、脱毛で上手く処理をすることが出来るので初心者でもスムーズにお手入れを行うことが出来るメリットがあります。

また除毛機能のある家庭用脱毛器には、長いムダ毛をある程度長さを残してカット出来る専用のコームが付属している場合が多いので、除毛で剃りすぎてしまうトラブルを未然に防いで、脱毛に適している2~3ミリ程度のムダ毛を残すことが出来るのでます。除毛を事前に行い、脱毛ケアに切り替えることが出来ます。

ただ長いムダ毛を処理したあとは、家庭用脱毛器にムダ毛が絡まりやすくなってしまうので、機器を故障させないで長い期間使うためにも専用のブラシなどで絡まった毛などを綺麗に落としておくと、脱毛ケアもスムーズに行うことが出来て安心です。

またセルフ脱毛を行ったあとは、どんなに肌に優しい脱毛ケアが行える家庭用脱毛器であっても肌にある程度の負担をかけてしまっているので、肌を整えるためにもアフターケアとして保湿ローションで潤いを補給させることが重要になります。